中小企業診断士試験に挑戦

同じく診断士を目指す方、情報交換しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自分分析。

試験まで後、まるまる三ヶ月。
基礎答錬の点数は後半の科目が大きな伸びを示し、勉強法の確立が達成できました。

特に昨年の試験で散々だった財務、経済学、法務の基礎答錬の点数が伸びた事に対しては良かったと思います。

今後は基礎答錬対策ですが、他のブログを見ても相当難易度が上がるようです

直前答錬で高得点をたたき出すのは、テキストの習得に加え、過去問5年分の回転による知識定着がカギになると思います。

恐らく知らない語句なんかも連発すると思いますので、知っている知識をキーポイントとし、設問を弾いて行く感じになると思います。最悪2択まで絞り込めるぐらいの知識習得には当たりたいものです。

マークシートの試験テクニックも活用しながら、本試験対策を練りたいものですね。

4月中には3年分の過去問回転、基礎答錬の復習と回転が完遂できそうです。
後は、出題されている単元について、テキストに戻り基本の知識の確認と、過去問題集の解説を読み、設問に戻って誤答部分の指摘が出来るまでに仕上げたいですね。

直前答錬の1週間前には残りの2年分の過去問と昨年の模試を回転させて準備完了~として、答錬に望みたいですね。

しかし、私はゴールデンウィークがない!
コツコツ勉強して知識を積み上げていくかなぁ。。。


スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

今日の勉強 | コメント:4 | トラックバック:0 |

直前答錬対策

みなさんは、直前答錬対策をどのように進めてますでしょうか~

取りあえず忘れてしまっている記憶の呼び覚ましに時間が取られまくりです。

基礎答錬問題からパラシュートしてテキストのリンクするカテゴリを暗記しなおしで時間が取られると言う学力の伸びない日々が続いてますが、それも本日で終了。

過去問は2回転ほどさせてますが、誤答の指摘ができないのでその分析に入る。

ペンが進まないなぁ・・・特に経済学。

貨幣数量説と完全雇用を前提とすれば、名目貨幣供給が増加しても実質貨幣供給は不変であるが、利子率の低下を通じて投資を刺激する。

俺はこの問題に刺激もされないよ。

取りあえず自分の考えだけで解いてみる。
貨幣数量説はMV=PY だっけ・・・
名目賃金はPYでYは実質なのでまぁPの物価を加味しているから不変までは正しい。
利子率は・・どうなのよ・・・

答え×
分らん・・・誤答分析(自称)たるモノが、こんなに時間が掛かり面倒な作業とは・・・。
過去問の1年分を誤答分析すると25問×4設問で100問以上。
この全ての設問に対して違う部分を指摘すると言う無謀な試験対策は果たして有効なのか・・・。

○×で解答するだけでいいのであれば、どれだけ楽な事か・・・と思ったりもします。
でもそれをやると理解せずに問題を制覇した事になるのでやりたくない。
過去問は完璧にして試験を迎えたいので負けずに頑張るかよぉ・・・。

この試験は過去問が大きなウェイトを占めるようですので、出題された問題に対しては、TACの解く必要ないよ問題意外は全部誤答分析して、間違った設問の指摘を出来るようにしてやる。

突然の・・・
直前答錬目標
企業経営理論 65点
財務会計 60点
経済学 68点
経営情報システム 68点
経営法務 70点

取りあえずこれをクリアする為に頑張りまーす








テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

直前答錬 | コメント:0 | トラックバック:0 |

全科目の復習

遂に全科目の皿回し復習の開始です。
予想はしていましたが、かなり忘れてます

まずは基礎答錬の回転と過去問の回転に取り組んでいます。
リンクする単元はテキストに戻り周辺知識の確認をしています。
この忘却の嵐は涙も出ませんが、仕方の無い事と割り切って、復習するしかないです

基礎答錬、過去問の対策として誤答分析(自称)と言う手法を取り入れています。
これは各設問の誤答の設問に対して、自分の言葉で指摘できると言うものです。
これが中々時間も掛かり厄介なのですが、自分の知識を確認できる事が大きいです。
そもそも知識が定着していないと誤答に対する指摘ができません。

例えば、
CSVファイルはデータとデータ間をカンマで区切った固定長ファイルである。
普通に×なのですが、
解答は×!では無く 固定長→可変長
と言う具合に書き出します。
ようは、過去問の解答部分の要約を書き出せる訓練です。
過去問の解答を全部書き出せるのは私は不可能ですが要点を書き出せる訓練をしておくと、違った角度から問題が出されても対応できる気がします。

スピ問で全解答に対して誤答部分を書き出せるように訓練して基礎答錬に挑んだら、そこそこの点数が取れたので継続しようと思っています。

この時期に来て勉強法が間違っていると最悪なのですが、問題回転と誤答分析をメインに実施します。

直前答錬対策は、基礎答錬・過去問・去年のTAC模試の誤答分析と回転、テキスト再読、財務集中特訓で挑みます。

記憶の定着は回転による記憶の焼付けしかないです。
私は一撃で覚える術を知りませんので、繰り返す事による定着を図ります

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

今日の勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |

法務基礎答錬の結果

経営法務基礎答錬
90点

おぉ~、出来すぎでしょぉ。ポイしたとこが、全く出ませんで、ホイホイ点数稼げました。これが本試験であってくれ!!とも思いますがきっとそうは行きません。問題も簡単でしたので、本試験には対応できる問題は少ないように思います。

記憶科目の勉強法はほぼ確定です。アウトプット中心にやって回転させ、記憶を固めて行きます。まぁ、記憶と言うのは繰り返しなのでそれを地道にやるしかないですね。

さて!4月は中小企業経営が科目合格してますのでフリー!!
直前答練まで期間が約1ヶ月あります

ようやく全科目の皿回しが出来てしまうわけであります。この期間は恐らくもっとも重要かつ大事な時間でもあります。

直前答錬まで基礎答錬の復習と過去問に取り組み、万全の体制で臨みたいですね。財務会計も集中特訓を毎日解いて忘却を阻止。そろそろ本試験を見据えた対策を考えて実践する時期です。

私はゴールデンウィークと言うものがありませんので、毎日コツコツと勉強するのみであります。

期間集中型より分散回転型(自称)の方が記憶の定着率は間違いなく高まると思うので、それを信じて勉強して行きます。

しかし早いもので、後3ヶ月ちょっとですか・・・。あっという間に本試験ですが、頑張っていきましょう

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

基礎答錬 | コメント:0 | トラックバック:0 |

気が付けば法務の答錬

明日は法務の基礎答錬です
法務は本当に勉強しにくかった・・・と言うのが率直な感想です。と言うのはこのパターンはいるだの、いらないだの、語句を覚えるだけではなく、状況によって必要な事が変化したりするので、それを覚えるのが大変でした(日本語が上手く書けないですけど、勉強してる人は分ると思います!!)。

証券市場の種類は捨てました。いちいち覚えてられるか!と思ったのでポイ(どうせ忘れるので直前気に記憶しますので)です。後は、大体記憶できたと思っていますが、ちょっと不安なのが国際取引ですかね。CIFとFOB、準拠法、裁判、調停、仲裁、約因、ぐらいしか勉強してませんが・・・。まぁいいか。

会社法、知的財産権は、結構勉強しました
と言うことで、自分の出来栄えと、点数が結びつくのかどうか、見てみたいですね。

目標は、75点です。
この勉強量からするともう少しほしいけど。。多分これくらいで落ち着くのではないか?!と思ってます。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

今日の勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |

会社法終了ですけど・・

情報システムの暗記と違って、法務はこの時は特別決議要るとか要らないとか、記憶がごちゃ混ぜになる要因が多すぎ。
知識をしっかりと固めておかないと問題を見たときに迷ってしまいそうです。
あれ、このパターンってどうだっけ・・・?

こうなったら最後のような気もします

しかし、分らない事があります

組織再編で吸収分割の承継会社は株式の割り当てを行なうとしますが、持分会社も承継会社になれます。

持分会社は株式の発行は出来ないと思うのですが、どうして承継会社となるのかが分りませんね。
来週にでも講師の先生に聞いてみるとするかな・・・。
→株を発行するのではなく持分を対価とする、だそうです。

後、株式交換で合同会社がどうして親会社になれるかなぁ・・・
子会社にする株式を親会社の株式を発行して交換しますよね。なのにどうして合同会社が親会社になれるのかが分りません。
来週にでも講師の先生に聞いてみるとするかな・・・。
→上記に同じです。

これって凄い基本的なことだったりして・・・。

復習するページがまだ50ページ以上もあります。次の講義までには何としても終わらせねば・・・。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

今日の勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。