中小企業診断士試験に挑戦

同じく診断士を目指す方、情報交換しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

TAC模試結果

TAC模試の結果でありますが、結果はじぇんじぇん予想に反してダメダメです

取りあえず結果は、
経済学 72点
財務会計 52点
企業経営理論 55点
経営法務 67点
情報システム 44点←何じゃこりゃぁ~
平均点 58.2点

情報システムは基礎答錬(75点)はまぁまぁだったのですが、直前答錬で59点と最低得点で、ドンマイ的な感覚を持っていましたが、ちょっと基礎からやり直さないとダメですね・・・。
と言っても、テキストは頭に入っていますと言いたい。応用的な問題が出題された時、軸とする知識がぶれているか、判断基準が間違っているか、そっちの問題を洗い出せば点数が伸びそうな気がする。

法務の問題はテクニックです。長文をズラズラ読んであれやこれや考えると袋小路にはまりまくりなので、テクニックで対応する事が肝心。まぁ、この点数ならこのまま本試験突入でも大丈夫と言いたい。
情報システムも同じ程度の知識はあると思いますので(テキスト網羅率!)、後はさっきも書いたように問題の取り組み方を考える事にします。

経済学は、何だか鬼門科目から最近楽しい科目に変化しちゃってます。
とにかく理論やグラフが楽しいので、頭にスラスラ入ってきますので、これも問題なし!と言いたい。

財務・・・。今回の模試は簿記の比率が高すぎないかい?まぁ簿記は手を広げず、ファイナンス重視の対策を練る。計算問題に特化せず、テキストに戻り概念の理解をすることが肝心ですね。
最近財務なのに文章問題が多く、概念を理解しているか的な設問が多い。
今回の模試もそれを踏襲していると思われる。模試の解説に留まらず、テキストの説明もよく読み、公式など分解したり、数字をあれこれ動かしてみて、式がどう変化し、経営にどう影響するかなど研究しておく。

最後に企業経営。戦略・組織はもはや本試験に対応できます、と言いたい。
しかしマーケがボロボロであります。7/14の正答率
マーケの知識を整理すれば、本試験は60点は恐らく・・・大丈夫だと思いますので、何としても65点以上取れるように知識を仕上げておく。

勉強法は、止めていた忘却阻止改良型暗記用リング(自称)を復活させて知識を確実なものとしていきます(余り多くは作らない)。
テキストに情報を集約し、問題を解くたびパラシュートして知識の確認をする(想起する)。

1次まであと40日であります。
出来る事を焦らず!!!しかも効率的に無駄なくやっていきます。

しかし、情報システムは酷かったなぁ~。去年受けた模試より12点も低いって俺は1年何をしておったのだろぉ・・・
スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

今日の勉強 | コメント:5 | トラックバック:0 |

TAC模試1日目

TAC模試一日目。と、ブログかいてる暇などないのですが、私は前日は余り勉強しない主義です。
って言うか、前日はここって出るのかよ・・・?
的な疑心暗鬼に陥り身が入りませんので、前日詰め込みは出来ないのです。

と言うわけで、今日の感想。
経済学 ・・・あれ?簡単ですか・・・?
財務 ・・・ちょっと待て待て・・・。模試で40点割れは勘弁してくださいよ!
企業経営理論 ・・・これぐらいでしょう・・。

財務はもはや国語力と化し、計算は割り切れないわ、トラップあり、求める答えが何時もと逆から解かないといけないとか、答えが遠い。
TACさん、診断士試験傾向を踏襲しすぎですよ・・・どう復習したらええんか・・・。

いや、TACさまのすることは正しい!
結果はどうあれ、キチンと復習して、最後の追い込みをかけるのであります。

それでは、2日目は、法務、情報、中小経営ですが、頑張っていきましょう。

今日の勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |

法務・直前答錬

法務・直前答錬 72点

ようやく・・・久しぶりに70点を超えました!と言いたいところですが、一つや二つは80点越えしたかったのですが、無理でしたね・・・。

直前答錬の平均点は66点でした(中小経営は科目合格なので私はここで終了!)。収穫は大ダメージを受ける科目がなかったことです

一応財務はまだ不確実性が残りますが、それ以外は平均的に仕上がっているかな?と言う印象です。とにかく苦手科目・足を引っ張る科目を作りたくなかったのでよかったですかね。・・・とは言え、平均的にまだ本試験には対応できる点数ではない!という事が分ってしまいました。

模試は本試験でも繰り返し出題されている頻出の範囲の基礎知識と過去問の用語の暗記、基礎答錬、直前答錬の復習を重点的にやります。後、テキストの復習も少し・・・

情報システムの大敗から勉強法の変更をしました。この時期に来て変えるのは勇気がいります。
暗記用のカードを少し工夫して知識を固めてきましたが、時間が経ってくると記憶が断片化し、問われる角度を変えられると対応できなくなっている事に気が付きましたね。

基礎答錬はテキストの内容が頭に入って要ればよかったですが、直前答錬のように本試験並みの問題形式になると対応し切れませんでした。反省・・

口でスラスラ説明できるレベルまで持ってこようと思うとやっぱり語句についてイメージが頭の中で組み立てられないと厳しい。説明できる事はやっぱり理解できているし忘れにくいです。

・・・まぁ、分ってはいるけど、中々難しい事もあります。

勉強のノウハウは失敗と変更です。点数が悪いから時間を延ばす的なやり方は進歩がないのです。限られた時間を有効活用するために勉強内容を濃くするほかないですね。

勉強方法は今までのやり方の慣性が強く働きます。変更は失敗の恐れや学力の低下の懸念や、まぁ色々と今の勉強法を継続せよ、と脳が拒否反応を起こします。
問題点は分っていても今の勉強法を続けてくれ!と私の脳が指令してきます。

やだ。

私は自分の脳にこう言い放つまで、4科目の答錬を終えるまで時間がかかっています。
最後の答錬で、点数はさほど良くはないですが勉強法を変えたことで70点の壁を越えたことは意義があります。

とにかく、
?イメージして説明できる事がゴールとする(ついでに図もかけたりするといい)
?繰り返し同じ問題とテキストを行き来するパラシュート方式で覚えるのではなく焼き付ける

今日、講師の先生が勉強法の話を少しされました。
こんな事を言ってましたね

特許を説明してください。

・・・フッ、今更何を言うか。特許とは・・・

おぉ??

・・組み立てられないぞ・・・まず何を話せばこの知識を披露できるのか。

これか、これが暗記によるワナなのである。

講師の先生は凄いなぁ、と思います。よくあんなスラスラといとも簡単に分りやすく説明できるなぁ・・・と思います。

と、そんなこと言ってる場合でもない時期に差し掛かってきました。
さてさて、模試に向けて勉強しますかね。

直前答錬結果
企業経営理論 69点
財務会計 68点
経済学 64点
経営情報 59点
経営法務 72点
平均66.4点

模試目標(変更!)
企業経営理論 68点
財務会計 60点
経済学 68点
経営情報 68点
経営法務 70点
平均67点

模試も、大きく問題内容が変わるものでもありません。問われ方とテキストからちょっと逸脱した内容が過去問の範囲内で出てくるだけです。

知らない事について慌てる事もありません。知っている知識で対応するだけであります。
マークシート試験にはマークシート試験に対する戦略があるわけです。問題の全ての設問の内容に答えれるわけがありませんので、2択になった時にどう対応すればいいかや、足の切り方もTACで沢山教えてもらったので、ちょっと怖い気もしますが実践で使えるようにしていきたいですね

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

直前答錬 | コメント:2 | トラックバック:0 |

直前答錬進捗

直前答錬に入り、点数がやっぱりガタッと落ちてます。
平均65点しかないです

一応70点目標としてますが、未だ一つもクリアしてません。最後の望みで法務に懸けようとも思いますが・・・自信喪失状態です

本試験は大丈夫かよぉ・・・とも思いますが、それが今の実力なのであります

取りあえず模試がありますので、直前答錬が終わったらそっちの対策をやっていきます。
目標は・・・
企業経営理論64点
財務会計60点
経済学64点
経営情報システム64点
経営法務60点
言うのも自由。目標も自由。とにかく平均60点クリアしないといけません。当たり前ですけど。

基礎答錬や直前答錬、過去問を解くのもいいですが、忘れてはいけないのがテキスト。
必ず出題範囲はテキストに戻り周辺知識を補完する。

過去問と同じ問題は出ませんが、角度を変えて出てきます。その時にモノをいうのが基本知識であります。奇問難問はTACはエ、本試験はウに任せて、解答レベルAB確実に&C半分取りたいですね。

しかし直前答錬は本試験並みかそれ以上的な難易度ですかね??
奇問難問は比べる対象ではないですが、確実に出そうな部分はかなり包括的な知識がないと解けない問題内容になってますね。

例えば財務のWACC。負債・純資産は時価を利用するのと、純資産の資本コストはCAPMを利用するだの(しかも求めるのはWACCでなくβ)、CFは直説法と間接法の体系的な理解がないと解けない内容となっていたり、税効果会計は直前答錬の問題が解ければ過去問は全て理解している問題となっていたり・・・まぁ、TAC様は本当に本試験合格を考えた問題構成をとっていますね。頭が下がります。

色んな資格学校からTAC様を選んで本当に良かったと思います、・・・など感傷に浸っている場合ではないのですが本心であります。

これで本試験落ちたら私の脳みそがアホだった・・・としか言いようがないとして、残りの2ヶ月・・全力で本試験対策を練っていきます。

・・・その前に法務の直前答錬がありますねぇ。何だか基礎答錬の時より学力が落ちてる感がありますが平均点+10点目指して頑張ります~


テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

直前答錬 | コメント:0 | トラックバック:0 |

情報システム・直前答錬

情報システム・直前答錬 59点

南無阿弥陀仏・・・・
こりゃあ・・・基礎からやり直し。
何で情報システムで今のところ最低得点かも分りませんが・・・

不覚にも最後の2択になってしまったのが、まさかの全滅とは・・

それを差し引いてもこの点数はいただけませんな。
70点は取っておかないといけない答錬です。問題はそんなに難しくなかったのに。
第1問のIrdaの紫外線に引っかかってしまうとは・・日焼けサロンにでも行って、僕の嫌いな紫外線でも浴びてくるか・・・

まぁ、仕方ない。法務で頑張ります~

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

直前答錬 | コメント:0 | トラックバック:0 |

経済学・直前答錬

経済学・直前答錬結果 64点

やってまった・・・基礎答錬?92→?84でしたので、まあ70点は取れるか・・・と内心思っていましたが第1問が全滅。くじは止めてくれ・・・苦手なんだって・・しかも設問3までどうして作るかなぁ・・
もっと別の問題があるでしょぉ・・・とか思いながら・・

カナリ時間つぎ込んで勉強したわりに殆ど詰め込んだ知識を使うことなく雰囲気で問題をせっせとといていく感じになってしまった・・・

私はA型であります。完全なる理詰めによる解答を導き出し、マークするのが好きなのであります。

ムウ、この足は違うからこの足もなくなって・・・とかやるのはナンセンスなのであります。
それは本試験でやればいいのであります。

そんな事言ってるからこの点数になってしまうのか・・・
足きりのテクニックを少し磨くかな・・・

模試ではこのようなことが無いように頑張らなくては・・

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

直前答錬 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。