中小企業診断士試験に挑戦

同じく診断士を目指す方、情報交換しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

勉強法?

今の勉強法が最善とは思いませんが、そろそろ勉強法も固定しなくては!と思います。
勉強法はいくつもありますが、私が辿り着いた勉強法を今後の為にも記載しておこうと思いました

私が活用する勉強法!・・・そんな大した物ではありませんが、
テキストに情報を集約
問題は回転させる(選択問題は全ての設問に対して間違いの部分も指摘しながら解く)
記憶は一度に覚えず繰り返し読むなりして焼き付ける(暗記リングよりノートにまとめた方がいい←サブノートではない!!
記憶のゴールは口で説明できる
同じ間違いを繰り返さない工夫
体系的に覚える
です。

コレをインプットの勉強ツールにしていくと、
暗記ノート←サブノートではない!!
体系的に覚えるリング(そんなに沢山にはならないし、持ち運びやすいので)
自分の知識だけで解説する誤答分析ノート(本物解答との照合をして知識の確認!同じ間違いの防止)
コレだけ。
コレをひたすらグルグル繰り返す。あとは気になる知識や何かはテキストに書くなり紙をはっつける。

アウトプット。ひたすら同じ問題をグルグル回転させて解く。
スピ問、過去問、去年の模試、集中特訓のみ。・・・結構量がありますが・・・

私はこの回転に気が付くまで(今頃気が付きましたが・・)忘却と戦い、忘れてから覚えなおすと言う、非効率的な方法で勉強していました。一度に覚えようとする方が無理があります。
流石に5回転も同じ問題をやれば、設問の何処が違うのかまで頭に入ります。
大体、3回転目から知識が定着している感じがします。
後、記憶の負担が少ない。覚えようとしなくても自然に頭に入るので楽。
覚える仕組みさえ確立しておけば、こんなにも楽になるのかー、と思いました。
以前はマインドマップを作ってひたすら覚えてましたが、結構つらい。
マインドマップは今も重要な暗記ツールですが、臨機応変に使い分けるようにしてます。

本屋さんでは色んな勉強法の本が出版されてます。確かに参考にはなりますがそれを読んで頭良くなる人はどれだけいますかねぇ・・・。

重要なのは自分に合った勉強法に辿り着くプロセス。

どうしたら自分は効率よく記憶し、記憶した情報を想起できるか?が鍵になると思います。

今の勉強法も頭のいい人から見ればまだまだ君はダメだね、と言われると思います。
今の自分の辿ったプロセスではこの勉強法しか辿り着けません。

もっといい勉強法があれば改良して、効率的に楽に確実に情報を記憶し想起できる方法を見つけて行きたいものですね。

スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

診断士の勉強法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<経済学・答錬? | HOME | 経済学の講義終了~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。