中小企業診断士試験に挑戦

同じく診断士を目指す方、情報交換しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

経済学・直前答錬攻略

来週は経済学の直前答錬です

財務の次に苦手としながらも基礎答錬では最高得点をマークすると言う意味不明の科目です。

私は数学が好きなので、経済学は楽しい科目なのですがやっぱり答錬となると後ずさりです
まぁ、コツコツ勉強して学力を伸ばすほかはありませんが、経済学は毎年同じ論点が繰り返し手を変え品を変え、出題されている科目でもあります。

費用曲線、モラル・逆選択、ナッシュ、所得・代替、45度、IS-LM、弾力性、購買力平価・金利平価、ジニ&ローレンツ、独占・寡占、クラウディングアウト、GDP&GNP、余剰・・あたりでしょうか。
これだけで単純に52点分です。
あと2問取れば60点です。

特にナッシュは今までのジレンマや支配戦略・ミニマックスからホテリング立地モデルに問題がシフトしてます。
21年はホテリング立地モデルが出題されるとすると、恐らく・・・最大の差別化原理が怪しいところです。要は、価格戦略ではなく差別化戦略です。

ジレンマ、ミニマックス、マキシマックス、ホテリングの価格&差別に範囲を広げ対策を練りますが、TACの直前答錬は多分支配戦略、ジレンマ、ミニマックス、出ても逐次消去あたりを予想してます。

経済学は財務のマイナス分を補填する科目に何とか仕上げたいところです

経済学の直前答錬は何とか・・・70点!!オーバーしたい・・・
ムゥ・・・苦手科目にこの点数は・・・無謀か・・・

スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

直前答錬 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<経済学・直前答錬 | HOME | 経済学対策>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。