中小企業診断士試験に挑戦

同じく診断士を目指す方、情報交換しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

直前答錬進捗

直前答錬に入り、点数がやっぱりガタッと落ちてます。
平均65点しかないです

一応70点目標としてますが、未だ一つもクリアしてません。最後の望みで法務に懸けようとも思いますが・・・自信喪失状態です

本試験は大丈夫かよぉ・・・とも思いますが、それが今の実力なのであります

取りあえず模試がありますので、直前答錬が終わったらそっちの対策をやっていきます。
目標は・・・
企業経営理論64点
財務会計60点
経済学64点
経営情報システム64点
経営法務60点
言うのも自由。目標も自由。とにかく平均60点クリアしないといけません。当たり前ですけど。

基礎答錬や直前答錬、過去問を解くのもいいですが、忘れてはいけないのがテキスト。
必ず出題範囲はテキストに戻り周辺知識を補完する。

過去問と同じ問題は出ませんが、角度を変えて出てきます。その時にモノをいうのが基本知識であります。奇問難問はTACはエ、本試験はウに任せて、解答レベルAB確実に&C半分取りたいですね。

しかし直前答錬は本試験並みかそれ以上的な難易度ですかね??
奇問難問は比べる対象ではないですが、確実に出そうな部分はかなり包括的な知識がないと解けない問題内容になってますね。

例えば財務のWACC。負債・純資産は時価を利用するのと、純資産の資本コストはCAPMを利用するだの(しかも求めるのはWACCでなくβ)、CFは直説法と間接法の体系的な理解がないと解けない内容となっていたり、税効果会計は直前答錬の問題が解ければ過去問は全て理解している問題となっていたり・・・まぁ、TAC様は本当に本試験合格を考えた問題構成をとっていますね。頭が下がります。

色んな資格学校からTAC様を選んで本当に良かったと思います、・・・など感傷に浸っている場合ではないのですが本心であります。

これで本試験落ちたら私の脳みそがアホだった・・・としか言いようがないとして、残りの2ヶ月・・全力で本試験対策を練っていきます。

・・・その前に法務の直前答錬がありますねぇ。何だか基礎答錬の時より学力が落ちてる感がありますが平均点+10点目指して頑張ります~

スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

直前答錬 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<法務・直前答錬 | HOME | 情報システム・直前答錬>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。