中小企業診断士試験に挑戦

同じく診断士を目指す方、情報交換しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

LEC模試 企業経営理論

LEC模試 企業経営理論
62点

法務よりはマシな点数ですが、ギリギリですね。
TAC模試合計 企79点 法務62点 合計141点 余裕の合格
LEC模試合計 企62点 法務36点 足切不合格
印象は、企業経営 TAC過去問色非常に強い、LEC過去問色強い。
法務 TAC難しすぎる&問題作った講師の方天才では…?と思った、LEC改正論点多くて、全然知らない事が多かった←とっても良かった

今後の過ごし方大事なのは残された時間の使い方です。いずれにしても、この点数は本試験と全く関係ないわけです。
企業経営理論は、過去問の洗い直し、答錬の洗い直し。問題中心の知識補完と問題慣れが必要。暗記する情報の整理。戦略・組織は過去問、答錬の問題文からイメージ出来る事、どの論点が問われているか、知識とリンクさせる事。労働法規は捨て。テキストレベルに抑えて時間を掛けないようにする。マーケティングは今回1次突破の重要項目。合格される方は正答率がマーケティングは8割を超えるとか。

法務は、過去問のチェック、知識を固める為、テキストを軸にしたインプット。会社法は暗記重視、情報整理して知識を確実に使えるようにしておく事。知財は問題中心として、論点が複雑に絡み合う問題の解法、プロセスを固めておく。

本試験目標
企業経営理論 68点
経営法務 52点
これを持ってして、1次突破を図る。

スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

今日の勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<1年は早いものです。 | HOME | LEC模試 法務トライ結果>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。